« 里見八犬伝 | トップページ | 年が明けると。。 »

2006.01.06

懐かしの人形劇

寒い日が続きますね。年が明けて更に寒くなりました。。

さて、里見八犬伝の記事を書いていて、かつて放映されていたNHKの人形劇が懐かしく思い出されました。

ちゃんと見ていたのは、「プリンプリン物語」と「三国志」。「里見八犬伝」は兄が見ていたのを見た記憶がある程度なのと、「平家物語」は途中でリタイアしてしまいました。「ひょっこりひょうたん島」は、再放送かなにかで見たような。。でも、これだけ見ているってことは、私は人形劇が好きだったのですね。

特に、「三国志」が大好きで、それをきっかけにして、当時、吉川英治の歴史ものを次々と読んでました(しかし、NHKの「三国志」の原作は、吉川英治ではなかったらしい。。)

島田紳助と松本竜助が物語の案内役をやっていて、時々、劇中にもおまぬけな役で出てきてました。

中でも登場人物で好きだったのは、曹操と関羽。主人公の劉備は、いい人過ぎて苦手で、好敵手の曹操は、強くて、潔くて、激情的で、時々女々しい。そこが人間臭くて好ましかった。一方の関羽は、男らしいのひとこと。その関羽に曹操は片思いで、それがまた哀れを誘っていたのでした。(笑)

NHK_sangokusi ←はNHKのサイトからいただきました。

NHKのサイトで検索して、DVD化されていることを知りました。全17枚。1枚が5,040円なので、全て揃えると85,680円!高いです。

それならばと、NHKアーカイブスを検索してみると、ちゃんとディジタル化されていました。川口まで行かなければならないですが、ここならば無料で見られます。時間があれば是非行ってみたいものです。

他にも人形劇がヒットし、その中には「紅孔雀」や「真田十勇士」などありました。そうそう、やっていなぁ、などと思い出して、またまた懐かしい気持ちになりました。

今はこうした人形劇を見なくなりました。やはり、時代に合わないからなのでしょうか。でも、なんだか残念な気持ちがします。

|

« 里見八犬伝 | トップページ | 年が明けると。。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/8006158

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの人形劇:

« 里見八犬伝 | トップページ | 年が明けると。。 »