« GWはモーツァルト三昧 | トップページ | オサレ湯たんぽ »

2006.01.09

強者どもが夢の跡

昨年末からお正月明けまで、今年は時代劇をいくつも見ました。

「国盗り物語(再放送)」「里見八犬伝」「功名が辻」「風林火山」。普段あまりドラマを見ない私が、よくもここまで見たものです。

父の影響で、昔から時代劇は好きでした。司馬遼太郎、池波正太郎、藤沢周平、吉川英治。。父の書棚にあった時代小説をよく読んでいました。そして、「これ読んだよ」と、父と感想を語り合うのが好きでした。

昨日、「功名が辻」と「風林火山」を続けてみたのですが、両方とも不満でした。

「功名が辻」・・・たまたま見ました。桶狭間の戦いの織田信長は、まだうつけと呼ばれて若かったはず。館ひろしの信長は年とってませんか。というより、全体的に出演者の年齢が高いのです。。仲間さんは次回から。彼女が登場して画面に活気が出るかどうか。せっかく初回を見たのだから、次回くらいは見てみようかと思っています。

「風林火山」・・・風林火山は2007年のNHKの大河なんですね。大作と言っていたわりには、時間不足のせいか、中途半端で何を伝えたかったのかわかりませんでした。山本勘助役の北大路欣也はさすがの貫禄。TOKIO松岡くんの武田信玄もなかなか。・・・一方で、加藤あいの由布姫。貫禄の若村麻由美に完全に負けてました。時代劇は、やはり難しいですね。

kukaiそうだな、見てみたいのは、歴史ものだと「空海」のドラマです。以前、NHKで司馬さんの「空海の風景」に基づいた番組を2夜連続で放送していました。録画を今でも時々見ることがあります。司馬さんが、自ら最も好きと言った作品だそうです。

タイトルは忘れましたが、同様のテーマの番組を年末年始にテレビ東京で放送していて見てました。小林薫がその道を歩いていました。

父が亡くなった時にお世話になったのは、真言宗のお寺でした。それもあり、空海ゆかりの高野山はいつかは訪れたいと思っている場所となっています。

|

« GWはモーツァルト三昧 | トップページ | オサレ湯たんぽ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/8073324

この記事へのトラックバック一覧です: 強者どもが夢の跡:

« GWはモーツァルト三昧 | トップページ | オサレ湯たんぽ »