« 転んでもただでは起きない | トップページ | Ski Jumping Pairs »

2005.12.04

北斎展・最終日

金曜日に断念した「北斎展」に行ってきました。急だったので友人は誘わずにひとりで。

gyoretu 9時過ぎに東京国立博物館に到着すると、外のチケット売り場には長蛇の列

私は、チケットを持っていたのでそのまま中へ。すると本館前にはまたしても開館を待つ人たちの長蛇の列。4人ずつ並んでいたので、そうですねぇ、既に300人くらい!は並んでいたのでは。最終日だからと覚悟してはいましたが、想像以上でした。。

しばらく待って、開館10前くらい前に展示場である平成館への移動がはじまりました。

会場に入ってからは、出品目録を手に展示替えの作品を中心に見てまわりました。

やはり北斎の<青>は美しい。ベロ藍、ペルシアンブルーは、北斎の色。今回見たメトロポリタン美術館蔵の「富嶽三十六景・甲州石班沢」も、絵のダイナミズムとともにが印象的でした。

そして、風景画ではない静物画、というのでしょうか、その的確な描写。鳥花シリーズが好きです。

また、晩年の「富士越龍図」は、水墨画のよう。墨の濃淡のみで描かれたシンプルな絵なのですが、観る人を引きつける強烈な魅力があります。私も含めて、この絵の前で立ち止まる人が多かったですね。

こうして、見るのに1時間半。既に周りはたくさんの人、人、人。1度見ておいたおかげで、進まぬ人の中で、イライラせずに比較的自由に見て歩くことができました。ひとりだったから自分のペースで動けました。

会場の外に出ると、まだまだ会場入りで並ぶ人たちの列が続いていました。入場規制をしていて、なんと待ち時間70分とのこと!朝一番に行ってよかった。

kangaeruhito_hiruuenokoen外に出ると上野公園は紅葉真っ盛りです。イチョウが多いから黄色が強いですね。金曜日に見た国立西洋美術館の「考える人」は、今は紅葉の中で思考中。。。

ところで、いつも思うのですが、こうして見た作品の記憶はどのくらい残るのでしょう。あんな人だかりの中を見て歩いて疲れて、それが自分の中でどのくらいの栄養になるのでしょう。人気の展示だから仕方ないとはいえ、もう少しなんとかならないものかと思います。

|

« 転んでもただでは起きない | トップページ | Ski Jumping Pairs »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/7459230

この記事へのトラックバック一覧です: 北斎展・最終日:

« 転んでもただでは起きない | トップページ | Ski Jumping Pairs »