« クリスマスキャンドル | トップページ | 空がキレイな一日 »

2005.12.17

牙狼(GARO)

tateshina

たまたま見て、以来見逃せないドラマになっています。テレビ東京の「牙狼(GARO)」。

牙狼の称号を持つ魔戒騎士が、人間を守りし者としてホラー退治をする、というお話。

日本でこんなにすごいVFXを作ってしまうなんて!アイデア、凝りよう、VFX見たさに毎回見ています。そして、見る度に、撮影も編集も時間がかかっているのだろうなぁ、と思ってしまいます。

これまでで一番好きなお話は、7話「銀牙」。このエピソードのVFXは出色でした。本当に素晴らしい!!こんなのテレビでやってしまうなんて、本当にスゴイ!

昨夜は「遊戯」。ゲストホラーが川平慈英さん。まるで、ロールプレイングゲームのようなお話。そして、最近、ロマンスが絡んできたでしょうか。。。

調べたら、総監督の雨宮慶太さんは、この世界では非常に有名な方のようですね。遡って見ようとは思わないですが、3月まで続くようなので今後も見逃さずに見続けたいと思います。

話は変わって、ちょっと蓼科に行ってきました。寒いです。雪です。私にとってはこの冬はじめての雪です。

今年の冬は本当に寒いです。この寒さで東京でも雪が降るでしょうか。降るとお仕事に行くのは大変ですが、やはり、童心に戻ってしまう自分です。何度か東京でも雪が見たいなと思います。

|

« クリスマスキャンドル | トップページ | 空がキレイな一日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/7672536

この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼(GARO):

« クリスマスキャンドル | トップページ | 空がキレイな一日 »