« 来年1年、お世話になります。 | トップページ | 北斎展・最終日 »

2005.12.02

転んでもただでは起きない

kangaeruhito1 仕事帰りに、国立東京博物館の「HOKUSAI展」に行ってきました。

しかし、、、入り口で断念しました。

17:00過ぎに行ったのに、中に入るのに待ち時間が30分!東博のHPで、この時間帯ならば若干空いていると書いてあったのに。。

ということで、暗い中、30分待ちたくなかったので引き返しました。

潔く帰れたのは、1度行っているからでしょうね。でも、展示替えがあったし、2回券の1枚が残っているので、明日の朝一番でもう一度行く予定です。

でも、平日の夜でこうなのだから、最終日間近の週末はかなり混雑するのでしょうね。。

muse2 帰り道、国立西洋美術館の庭がクリスマスのライトアップがされていました。ロダンの「考える人」も、光りの中で思考中です。

周りが暗いので、ブルーホワイトのイルミネーションがとてもキレイです。上野でこんな夜景が見られるとは思わなかったので、とても嬉しいサプライズでした。

「HOKUSAI展」は見られなかったけれど、また1つ今年のクリスマスのデジフォトが増えたわけで、行った甲斐がありました。

|

« 来年1年、お世話になります。 | トップページ | 北斎展・最終日 »

クリスマス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/7433247

この記事へのトラックバック一覧です: 転んでもただでは起きない:

» Museum X`mas in 国立西洋美術館 [弐代目・青い日記帳]
昨年に引き続き上野の国立西洋美術館で 『ガーデン・イルミネーション』が実施されています。   青と白の発光ダイオード(LED)がいつも見慣れた美術館の前庭を 全く違う世界へ変化させてくれています。 昨年から始まったこの冬の企画。 六本木ヒルズクリスマスイルミネーション 「アーテリジェント クリスマス 2005」には 電球の数や規模ではとてもとてもかないませんが 西洋美術館前庭常設のロダンの彫刻との相性はばっちり。    「地獄の門」の上で「考える人」もこの時季だ... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 22:57

« 来年1年、お世話になります。 | トップページ | 北斎展・最終日 »