« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

来年も良い年でありますように。

IMG_02682005年最後の記事なので、今年の振り返りを。

記録すべきことはいくつもありますが、特に、今年始めたことについて書きます。

今年新たに始めたことは2つ。ひとつめは、ダイビング。ふたつめは、ブログ。

ダイビングは水に近づきたくて、そして、ブログは仕事に役立てる方法を探して。そんな気持ちから始めました。

始めるあたり、数値目標を設定しました。ダイビングは年内10本目標のところ達成8本。ブログは、一ヶ月のうち半分の更新を目標。11、12月は仕事が忙しくて減ったけれど達成。ここはタラ、レバはやめて、潔く結果のみ。

新しいことを始めたという前向きな自分を褒めてあげたいし、結果もちゃんと認めたいと思います。

DSCF0264前にも書いたかもしれないですが、グラスボートから海中を見た時、海と自分を隔てるガラスが悔しくて、海の中に入っていきたくてダイビングを始めました。

実際に潜ってみて、外から見るのと中にいるのは全く違うものだと思いましたね。海中でレギュを通して吸う酸素の有り難さ。中性浮力の状態をつかむまでの難しさ。でも、手が届くところにお魚がいて、間近には珊瑚礁が広がっている、その美しさ。

だから、それらの生き物をいとおしく感じることができる。人間も自然の一部なんだということを再認識する。自然の中では謙虚に。そこで生きる、活動するためには、ちゃんとルールを守る。そういう基本を改めて学んだと思います。

そしてブログ。仕事がきっかけで始めましたが、仕事のリアリティとは距離が必要だと考え、仕事のことは極力書かないようにしてきました。片手で足りるくらいしか書いていないのではないでしょうか。。しかし、その数回も、知っている会社の人からは、「この前、へこんでたよね」と言われて。。だから、極力書かないように。。

ブログをはじめてから変わったのは、デジカメを持ち歩くようになったことと、身の回りのことに興味を持つようになったことです。それは、天気だったり、季節だったり、食べ物だったり、周りの人だったり、些細なことたち。

興味を持つと、身近にいろんなことを発見するから不思議です。まさにWhat a wonderful world。そして、それを伝えるにはどう表現すればいいのか、と考えるようになりました。読み手を考えた書き方を工夫するようになったこと。それが大きな変化です。

そしてこのことは、ブログだけでなく仕事にも有用なのです。相手に伝えるにはどうすればいいのか。常に、他者の視点を意識するようになりました。

今年始めた新しいことは、以上2つ。来年も好奇心を持って、何か新しいことが見つけられればいいなと思っています。勿論、今年始めたことの継続も忘れずに。

さて、外からは近くのお寺で鳴らしている除夜の鐘が聞こえてきます。2005年が終わり、2006年の始まりを告げる鐘の音。恒例のジルベスタコンサートでは、コバケンの第九でのカウントダウンが始まりました。

画像は今年沖縄で見た美しい夜明け。来る一年が素晴らしい年となりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.30

帰省

IMG_2740午前の新幹線で帰省しました。

東京駅に行く途中で年賀状を出しましたが、本日出した年賀状は、果たして1日に届くでしょうか。無理かなぁ。。

東京駅は思っていたほど混雑していませんでした。予約した新幹線は、指定席、グリーンともに予約済みとのことでしたが、立ち乗りの人がぎゅーぎゅーという感じではありませんでした。でもこれは指定席のみで、自由席はもっと混んでいたのかしら。。。

必要なものはほとんど実家に揃っているので、持ち物はいつも使っているバッグにノートブックのみ。だからとっても軽装備。勿論、東京土産の佃煮も忘れずに。

本当はノートブックは持ち帰りたくなかったのですが、来年1月1日に7年ぶりのうるう秒挿入があるとのことで、年明け早々稼動報告などありまして。。

そして今実家で書いています。これから地元の友人たちとの忘年会に出かけるので、少し早い投稿となりました。いきつけのワインバーにて待ち合わせ。みんなに会うのは数年ぶり。久しぶりに会う人たちばかりなので、みんながどう変わっているか変わっていないか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.29

慌ただしい一日

今日から年末年始のお休みです。たくさんのHomeworkをかかえてのお休みですが。。。

そして、今日は東京での今年の総まとめの日

大掃除、洗濯、年賀状作成、帰省の東京土産買い、そして、東京ミレナリオ。慌ただしい一日でした。

久しぶりにワックスをかけて、床はピカピカで気持ちがいい。

窓ガラスを拭いて、カーテンを洗濯して、なんとなく室内が明るくなった感じがします。

東京土産は、母のリクエストで、近所の佃島の佃煮。

年賀状はプリントアウトしたものに、ひとことを添えて。宛名を見てひとことを考えるのですが、これに結構時間がかかるんです。そして、しばらく会っていない人がたくさんいるんだなぁ、と。

IMG_2643だから、ミレナリオへの到着が遅れて5分くらいしか見られませんでした。終点の国際フォーラムはたくさんの人。ここで撮っているうちに消灯時間の21時になってしまい、丸の内仲通りのは見られませんでした。今年で一時休止だというのに残念。

毎年のことですが、ミレナリオのライトは突然ブチンと消えるんです。いきなり暗くなってしまって、余韻も何もありません。周りにいた人たちかも不満の声。フェードアウトするとか、工夫してもらえるとありがたいのですが。。。

ということで、2005年の東京の夜は今日が最後。次に見るのは、年が改まって、きっと人気が減った静かな夜になるのでしょう。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.12.28

今年最後の忘年会

会社の忘年会でした。私は<飲み>はワガママ言っていて、お義理な飲み会にはほとんど参加しません。楽しい時間を共有できる、気が合う人たちとがモットーです。

昨日は、心から楽める仕事関係の仲間たち9名(のちに6名)との忘年会。そのため帰宅は28時!おかげで本日の仕事納めの日の起床が辛かったでした。

場所は幹事さん行きつけの、魚料理を中心とした小料理屋の2階のこぢんまりとした座敷でした。とても密な空間での楽しい会話。何故かと考えて、きっとみんな頭がいい人たちで回転が速いからなのだろうな、と思います。

karaokeよくあるパターンで2次会はカラオケへ。23時30分スタート。

カラオケはほぼ1年ぶり。だからカラオケのシステムの変化は凄いなと思ってしまいます。ドリンクの注文も曲の予約と同じにシステムでできるし、タッチ式で操作できるし。。

はじめは引き気味でしたが、マイクを持って歌い始めるとノッテしまいまして、、自分含めて大盛り上がり大会となり、2回延長で4時間。

この採点システムも延長要因の1つ。最高得点を上回りたい、ビンゴとりたい、コインを揃えたいなど。。私も10曲は歌ったと思います。しかし、正直、2回目の延長時は疲れてしまって、お家に帰りたかった。。

けれど、年末を飾る楽しい時間でした。盛り上げグッズで盛り上がり、好きにダンスして。その先は。。電気消して。。お店の人は、「この人たちはいったい何しているんだ」と戸惑ったことでしょう(笑)。

みんな盛り上がるツボを心得ていて、1人の世界に入らないところが大人です。歌も合唱状態でした。

私の今回の大満足は、「青春アミーゴ」を歌えたこと(笑)。また来年もこうして忘年会ができればいいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

コバケン、炎の第九

恒例の、日本フィル「第九演奏会」に行ってきました。

IMG_2629 場所は東京芸術劇場。シートは友人が予約を頑張った甲斐があって、1階前から12番目のほぼ中央。指揮の小林研一郎も演奏している人もよく見えて非常によい席でした。

曲目は、パイプオルガンで演奏された、バッハ、

コラール前奏曲<目覚めよ、と呼ぶ声あり>

トッカータとフーガ ニ短調

そして、ベートーヴェン、交響曲第九番(合唱付)。

Naxosで何度も聴いていましたが、やはり生はいいですね。生に勝るものはありません。いつもながら、第四楽章がはじまるときはドキドキしました。

IMG_2637 今年の第九の感想。いつもよりもテンポが速いなと思いました。また、演奏は可もなく不可もなく。盛り上がりつつも、淡々と続いた感じです。でも、第四楽章のラスト1分。ここはコバケンの渾身の指揮が素晴らしかった。ここで一気に盛り上がりました。

合唱は席が前のほうだったせいか、いつもよりも声量があって迫力がありました。特に男性の声量が多かったですね。

2年続けて東京芸術劇場で聴いたのですが、音響はサントリーホールのっほうがよいですね。音に厚みがでる、というのでしょうか。だから、来年は競争率が高いサントリーホールを予約しようと今から決めています。

さて、第九を聴き終わって、今年もいよいよおしまいに近づいているのだなと実感しています。会社も仕事納めの日を入れてあと3日。今年やり残したことがないよう、計画的に進めようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.25

時期を逸してしまいましたが。。

クリスマス週間も今日でおしまい。明日はもう、クリスマスからお正月の飾りになるのでしょうね。

Webでクリスマスツリーを育てるキッドを売っていて、面白そうなので買って育ててみました。

xmastree受け皿にマジックウォーターなる液体を浸して1時間くらいすると、先端から葉のようなモコモコが出てきます。12時間程経つと、一番右の画像のようになります。これにラメを降りかけて、☆を飾って出来上がり。

4日間くらい持つそうです。本日2日目。安静にしておけは、なんとか年内はこの状態をキープさせたいです。

多分、なんらかの化学反応でこうなるのでしょうが、ちょっとわかりません。

手に入れたのが11月半ば。面白そうだったので、数個購入して友人たちにプレゼントしました。果たして彼らのツリーは、無事に葉をつけたのでしょうか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.23

夢はかなうもの

DSCF0025友人が、今話題の(?)「一級建築士」の試験に合格しました。何年越しのチャレンジになるのかは忘れてしまいましたが、今年念願かなって合格したのです。

心から、おめでとう!

独学で勉強して受からず、昨年から学校に行って勉強していました。フリーでインテリアコーディネーターの仕事をしながら勉強していました。努力すれば、夢は必ずかなうものだと思いました。

翻って、自分のキャリアプランはどうだろうかと考えましたが、明確な目標が無いんですね。3年後に今の仕事をしている自分が思い描けないんです。。1年後を描くので精一杯。。

ただ、キャリア・資格が今後の仕事のステータスに結びついてくるのは確実で、嫌でも資格を取得する必要があるのです。けれど、忙しい中で、勉強して資格を取得するのは正直困難。

でも、言われました。売上などの成果はその時々の状況次第、自分でコントロールできないもの。でも資格取得は自分次第。努力すればできるものだと。

だから、プレプレ・クリスマスの誓い。忙しい、時間が無いと言い訳せずに、頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

空がキレイな一日

kachidokibashi寒い一日、久しぶりの休日出勤でした。休日の会社は、同じように出勤してお仕事している人がチラホラ。。お疲れさまです。

朝9時から打合せて、ドキュメントを作成して、午後遅くに帰途に着きました。明日からは、仕事納めまでレビュー、修正の繰り返しです。ふぅ。。。

駅から家へ帰る途中、隅田川テラスに寄り道。ご覧の通り、とてもキレイな夕方でした。

隅田川を行きかう屋形船。寒いのも忘れて、しばらく闇が濃くなるのを見ていました。気がついたら体が冷え切っていて、急いで家に帰りましたが。。

seiroka ここのところかなり寒くて、今日は朝から風が強くて、だから空気が澄んでいて、キレイな空です。

仕事を終えて、会社を出て空を見上げると、今とても月がキレイなのです。しばらく空を見上げて歩いて。後ろから見ると、上ばかり見ていてヘンな人に見えるかもしれないです。

しょぼいのだけれども、社内の木々にもイルミネーションが光っていて、なんか中途はんぱにクリスマス気分にしてくれます(笑)。いつもより明るいから、まぁいいか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

牙狼(GARO)

tateshina

たまたま見て、以来見逃せないドラマになっています。テレビ東京の「牙狼(GARO)」。

牙狼の称号を持つ魔戒騎士が、人間を守りし者としてホラー退治をする、というお話。

日本でこんなにすごいVFXを作ってしまうなんて!アイデア、凝りよう、VFX見たさに毎回見ています。そして、見る度に、撮影も編集も時間がかかっているのだろうなぁ、と思ってしまいます。

これまでで一番好きなお話は、7話「銀牙」。このエピソードのVFXは出色でした。本当に素晴らしい!!こんなのテレビでやってしまうなんて、本当にスゴイ!

昨夜は「遊戯」。ゲストホラーが川平慈英さん。まるで、ロールプレイングゲームのようなお話。そして、最近、ロマンスが絡んできたでしょうか。。。

調べたら、総監督の雨宮慶太さんは、この世界では非常に有名な方のようですね。遡って見ようとは思わないですが、3月まで続くようなので今後も見逃さずに見続けたいと思います。

話は変わって、ちょっと蓼科に行ってきました。寒いです。雪です。私にとってはこの冬はじめての雪です。

今年の冬は本当に寒いです。この寒さで東京でも雪が降るでしょうか。降るとお仕事に行くのは大変ですが、やはり、童心に戻ってしまう自分です。何度か東京でも雪が見たいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.16

クリスマスキャンドル

shiodomeここのところ平日は帰りが遅くて、なかなか記事が書けません。

今日は夕方から外勤。久しぶりの汐留。仕事帰りに撮ってきました。

高層ビルに囲まれたスペースに数々のクリスマスイルミネーション。日テレ前は、トヨタカップの宣伝とクリスマスイルミネーション。とても華やかです。

その他に、昨年と同様に、今年もたくさんのキャンドルで出来たクリスマスツリー。

tree

場所によって色が違います。

左のイエローは日テレ広場前。中央のブルーはカレッタ汐留。右のイエローは日テレのエスカレータを上がった上にあるもの。後ろは電通ビルです。

右のツリーは中に入ることができます。たくさんのキャンドルの中に入るのははじめての経験。あたたかです。

Taros_hand中には赤いロウでできた岡本太郎の左手があります。燃えています。溶けたロウがヒノキのアロマ。焔とアロマで気分が落ち着きます

帰りは新橋から銀座まで歩きました。中央通りはクリスマスの雰囲気で華やいでいました。金曜日ですものね。今日は、忘年会の人も多かったのではないかしら。

私の忘年会は来週に集中。。。ところが、28日締め切りのお仕事が降ってきて、この週末、来週末は、半分はお仕事になってしまいそう。忘年会出られないかも。。やはり師走はバタバタです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.12

Naxosで聴くクリスマス

toro画像は、数年前に代官山にいたトロです。

さて、11月にNaxos Music Libraryのサービスを使い始めたという記事を書きました。

今、このサービスで、クリスマス音楽、ベートーベンの交響曲第九番など、12月の音楽を聴いています。PCに外部スピーカーを接続しているので、音もいいです。

アルバム名/タイトル名という項目で、”Christmas”を検索して、ヒットした一覧を見て、聴きたいなと思う曲をチェックして再生です。気に入った時にはプレイリストに登録しておくと、次は検索せずに聴くことができます。作曲家、イベントなど、プレイリストが増えました。

やはり、聴きたい音楽が聴き放題というのはやはりいいですね。特にこうした季節の音楽はその時しか聴かないのでCDを買おうとまでは思いません。その季節だけ、好きなときだけ聴けるサービスはやはり重宝します。

プレイリストに登録したクリスマス音楽を繰り返し聴いています。すると、しあわせな気持ちになるから不思議ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

Faith/ケニー・G

faithこの時期になると、決まって聴くCDがあります。それが、このケニー・Gの「Faith」

ミレニアム直前の1999年11月にリリースされました。

その頃よく聴いていたInterFMで、ヘビー・ローテーションでオンエアされていました。

”A HOLIDAY ALBUM”とサブタイトルに書かれているだけあって、たくさんのクリスマス・ソングが収録されています。クリスマス・ソングにサックスも合うものだなぁ、と思ったものです。

特に、お気に入りは、

Auld Lang Syne:The Millennium Mix

日本で言うところの、「蛍の光」とともに、20世紀のニュースが流れるのです。それが、暮れゆく20世紀の気分に非常に合っていたのでした。(正確には、21世紀のスタートは2001年ですけれども。。)

ケネディの暗殺、その彼に”ハッピーバースデイ、ディア・・・♪”と歌うマリリン・モンロー、キング牧師の有名なスピーチ、ダイアナ妃の死,,,etc.ほとんどがアメリカの出来事だったけれど、雰囲気を盛り上げるには十分でした。

よく年末にはその年のニュース、故人を振り返るけれど、この曲で、私が生まれる前からの20世紀を振り返っていた、という感じになるのでしょうか。。

そして今年もまた、「蛍の光」を聴く日が近づいています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.10

ものづくりの楽しさ

project頼んでおいた「大人の科学」。まとまった時間が取れたので、プラネタリウム作りにトライ!しました。

左の画像は完成したプラネタリウムで投影したもの。12月10日の午後7時。東京の北の空です。こんなにたくさんの星があるんですね。。

では時間を遡りましょう。

説明書を読みながらプラネタリウム作り。説明書とパーツを前にドキドキしました。

processパーツは、右の画像の真ん中。架台、台座、そして、恒星球で構成されています。

組み立ては架台から。投影の確度を変える部分。ここは容易に完了。

次に台座。ここにはスイッチと豆電球をセット。スイッチのオン/オフ、そして、電流はこうやって流れるんだという、小学校時代?の理科の実験を思い出しました。スイッチをオンして、ちゃんと豆電球が点いたことが嬉しくて。。(笑)

一番気をつかったのは、恒星球(投影)部分。4枚の恒星原紙を両面テープで貼り合わせていくのですが、うまく原紙が合わなかったり、両面テープが曲がったり。私って不器用なんだなぁと、つくづく。。。

けれども無事に一番下の画像のようなプラネタリウムが出来上がりました。慎重に作ったのでトータル2時間近くかかったと思います。

そして、投影したのが一番上の画像なのです。遠いとだだの点になってしまうので、壁の近くで映しました。北半球1万個の星とのこと。とってもたくさんの星なんだなぁ、と実感です。これ、回転させるとミラーボールのようになりますね。

さて、完成して投影した時は勿論嬉しかったですが、一番楽しいのは、作っている時間ですね。プロセスを楽しむということ。こういう感覚を忘れていました。

自分で作ると、それがどんな部品で構成されていて、どういう順番で作れば完成するのか、ということを学べます。

仕事も同じなんですよね。目的を達成するためには、どんなリソースをそろえて、どんな手段、手順で進めればいいのかを考えるということ。

子供の頃は、単純に数学で方程式を解いたり、科学で実験をしたりしたけれど、その勉強は、ちゃんとその後に繋がっているんですね。

大人になってこういうことをするのも、振り返りができていいことだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

冬のボーナス!

本日、冬のボーナスが支給されました。事前に評価と支給金額については連絡を受けていたし、振込みなので、ボーナスが出て嬉しいな、という実感はないのです。銀行で記帳して感じるのかな。。

担当しているお客様の性質から、上期はあまり成績的には良くありません。しかし、今回はプロセスをきちんと評価してもらえました。それが何よりも嬉しかったですね。そして、そう感じると、また次も頑張ろうと思えます。

私の会社は成果評価なので、評価が悪いとボーナスが天と地ほど変わってしまいます。だから、目標が達成できなくても、転んでもただでは起きない、強い意志が必要です。だからこそ、ビジョンが必要なんですね。

でもね、明細を見たら、保険てこんなに引かれてしまうんだ、とガッカリです。年金、雇用保険、健康保険。仕方がないとはいえ、ため息が出ます。。

さて、そのボーナスですが、使いみちはほぼ決定済み。来年暖かくなったらダイビングスーツを買う。そして、来年たくさん潜りに行くための資金。後は、普通に資産形成の原資かな。。

monsooncafe先日のことですが、かなり久しぶりに、代官山のモンスーンカフェに行って来ました。お店のガヤガヤぶりは変わっていませんでした。

好物の、牛肉とガパオ炒め御飯フライドエッグのせ。パフォーマンスも、お味もよし。オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

Ski Jumping Pairs

人には間がさす瞬間があると言いますが、私にとっては、このDVDを買ってしまったことは、まさに間がさした瞬間かもしれません。

skijump_pair_coverスキージャンプ・ラージヒル・ペア Torino2006

2年前、「王様のブランチ」のDVD将軍というコーナーでたまたま見かけて、即、アマゾンで買ってしまいました。収録時間41分と短編の作品です。最近、このDVDに似たユースケ・サンタマリアのCMが流れていますね。

この作品を見た時の衝撃は忘れられません。涙を流してお腹をおさえながら、見た人たちみんなで笑い転げていました。

スキージャンプ・ペア。リュージュに二人乗りがあるのだから、ありえないとは言えないかもしれないですよね。

skijump_pair_insideしかし、コアラ、ウミネコ、ジーザス、タイタニック、甥っ子などのアクロバチックなスタイル。カバーの内側には、CCG化されていないお相撲やグリコスタイルも。。。やはり、、、ありえない。。。

真面目に作ったCG、解説者の何気ない真面目なコメントが爆笑を誘います。友人を招いてお披露目、そして、仕事仲間など周りの人たちにお貸ししましたが、非常に好評でした。(笑)

来年のトリノも近づいてきたことだし、スキージャンプ・ペアはどうかなと思ったら、やはりありませんでしたね(笑)。

話題的にはかなり遅いのですが、実写とCGで映画化され、来年1月トリノ五輪直前に公開されるそうです。

うーん、、、面白いのでしょうか。この手の作品は瞬間芸といいますか、続編や長時間作品は難しいのではないかと思うのです。事実、DVDは2枚リリースされているそうなのですが、アマゾンのレビューで2枚目はあまり面白くないとのことで、私は買っていません。どうなんでしょうね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.04

北斎展・最終日

金曜日に断念した「北斎展」に行ってきました。急だったので友人は誘わずにひとりで。

gyoretu 9時過ぎに東京国立博物館に到着すると、外のチケット売り場には長蛇の列

私は、チケットを持っていたのでそのまま中へ。すると本館前にはまたしても開館を待つ人たちの長蛇の列。4人ずつ並んでいたので、そうですねぇ、既に300人くらい!は並んでいたのでは。最終日だからと覚悟してはいましたが、想像以上でした。。

しばらく待って、開館10前くらい前に展示場である平成館への移動がはじまりました。

会場に入ってからは、出品目録を手に展示替えの作品を中心に見てまわりました。

やはり北斎の<青>は美しい。ベロ藍、ペルシアンブルーは、北斎の色。今回見たメトロポリタン美術館蔵の「富嶽三十六景・甲州石班沢」も、絵のダイナミズムとともにが印象的でした。

そして、風景画ではない静物画、というのでしょうか、その的確な描写。鳥花シリーズが好きです。

また、晩年の「富士越龍図」は、水墨画のよう。墨の濃淡のみで描かれたシンプルな絵なのですが、観る人を引きつける強烈な魅力があります。私も含めて、この絵の前で立ち止まる人が多かったですね。

こうして、見るのに1時間半。既に周りはたくさんの人、人、人。1度見ておいたおかげで、進まぬ人の中で、イライラせずに比較的自由に見て歩くことができました。ひとりだったから自分のペースで動けました。

会場の外に出ると、まだまだ会場入りで並ぶ人たちの列が続いていました。入場規制をしていて、なんと待ち時間70分とのこと!朝一番に行ってよかった。

kangaeruhito_hiruuenokoen外に出ると上野公園は紅葉真っ盛りです。イチョウが多いから黄色が強いですね。金曜日に見た国立西洋美術館の「考える人」は、今は紅葉の中で思考中。。。

ところで、いつも思うのですが、こうして見た作品の記憶はどのくらい残るのでしょう。あんな人だかりの中を見て歩いて疲れて、それが自分の中でどのくらいの栄養になるのでしょう。人気の展示だから仕方ないとはいえ、もう少しなんとかならないものかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.02

転んでもただでは起きない

kangaeruhito1 仕事帰りに、国立東京博物館の「HOKUSAI展」に行ってきました。

しかし、、、入り口で断念しました。

17:00過ぎに行ったのに、中に入るのに待ち時間が30分!東博のHPで、この時間帯ならば若干空いていると書いてあったのに。。

ということで、暗い中、30分待ちたくなかったので引き返しました。

潔く帰れたのは、1度行っているからでしょうね。でも、展示替えがあったし、2回券の1枚が残っているので、明日の朝一番でもう一度行く予定です。

でも、平日の夜でこうなのだから、最終日間近の週末はかなり混雑するのでしょうね。。

muse2 帰り道、国立西洋美術館の庭がクリスマスのライトアップがされていました。ロダンの「考える人」も、光りの中で思考中です。

周りが暗いので、ブルーホワイトのイルミネーションがとてもキレイです。上野でこんな夜景が見られるとは思わなかったので、とても嬉しいサプライズでした。

「HOKUSAI展」は見られなかったけれど、また1つ今年のクリスマスのデジフォトが増えたわけで、行った甲斐がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.01

来年1年、お世話になります。

12月。師走ですね。今年もあと1ヶ月なんて、、、早いなぁ。自分はこの1年何をしてきたのだろうか。その時間ぶんだけのことしてきたのだろうかと考えてしまいます。。

ということで、来年の手帳を購入しました。今年と同じクオバディスです。しかし、今年の手帳とは違うモデル、違うカラーを選んでみました。手帳のモデルチェンジ、4回目かな。

社会人になって数年は、会社の手帳を使用していました。記入スペース、MEMO、社内・関連会社のアドレスが付いており、仕事に便利だったのです。

それを、外郭団体に出向するのを期に手帳に変えました。会社の手帳を使うことに、抵抗を感じてもいたので。。

hermesまずはブランドもの、エルメスです。見栄、ですね。色は赤。でも、時間毎に書き込みができたし、使い勝手は良かったです。毎年デザインが変わるレフィルも楽しみでした。6年間くらい使いました。

そして今年、電子手帳にするかアナログのまま行くか考えて、クオバディスにしました。1週間の予定が見渡せて、時間毎に書き込めるところが気に入っています。最近打合せが増えたので記入しやすい。また、コストパフォーマンスも良い。

quovadis昨年はエメラルド、そして今年は落ち着いたネイビー。形は、16×16の正方形サイズを選択。書き込みスペースが広くなりました。

仕事をしている間は、手帳は機能中心に選びたいと思っているけれど、機能一辺倒というのは味気ない。○○プランニングの流行で、それに特化した手帳が人気があるようですが、私はステーショナリーは、スタイルよく、オシャレに楽しく明るくがモットーです。

ということで、しばらくはクオバディスで行きそうな気配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »