« 海に遊ぶ。 | トップページ | 離島暮らしを考えた。 »

2005.11.06

ハブではない石垣島

最終日は早めに石垣島へ移動。フライトまで時間があったので、はじめて石垣島観光をしました。石垣は離島へのハブとしてしか使っていなくて、滞在したとしても川平に直行してしまうため、きちんと見たことがありませんでした。

石垣港からタクシーに乗り、運転手さんに3時間以内、1万円以内で行ける場所に案内してくださいと言って回ってもらいました。すると石垣島も大きくて、山があって緑が豊富であることがわかりました。

この運転手さん、以前は観光バスの運転手をしていたそう。ガイドさんの説明を聞いているうちに覚えてしまったとのことで、話が豊富で勉強になりました。

iriomote_island4

まずはパンナ公園の高台の展望台。途中に亀さん横断注意の看板。天然記念物のセマルハコガメが生息しているそうなのです。西表ではイリオモテヤマネコの飛び出し注意の看板があったし、地域でいろんな看板があるのですね。

展望台からは石垣島の市街地や離島が見渡せます。手前には竹富島。竹富の全景を見たのははじめて。本当にお皿をひっくり返したような平らな島。その奥には黒島。竹富の右に小浜島。そして西表島。その先には鳩間島。回復傾向にあった天候のおかげで、いくつもの島影を見ることができました。

海が見える場所で停車してもらい、景色を見ながら御神崎へ。そして川平湾を一望できる場所へ。はじめて見た川平湾の全景。海の色が何色もの青で美しかった。しかし水が引きすぎていて、運転手さん的には60点だそう(笑)。

最後に案内してもらったのが、米原ビーチキャンプの国指定天然記念物のヤエヤマヤシ群落。案内してもらわなければ絶対行かない場所です。んー、でもヤシの根がグロテスクで、少し気持ち悪い。サバイバルのためでしょうが、根の出方が節操がありません。。

以上で、石垣島観光はおしまい。那覇経由で東京に戻りました。帰りのANAは2度目のピカチュー機体。そして久しぶりの2階席で窓際。脇に物入れがあって、広々としていて快適です。

sky

夕方のフライトもいいですね。夜に向かって飛ぶ飛行機の外は、黄金色の太陽と海と雲海。刻々と変わる空の色に眠るのも忘れて見入っていました。

|

« 海に遊ぶ。 | トップページ | 離島暮らしを考えた。 »

八重山の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/6875014

この記事へのトラックバック一覧です: ハブではない石垣島:

« 海に遊ぶ。 | トップページ | 離島暮らしを考えた。 »