« 散財、久々の。。。 | トップページ | 海の中のクリスマス »

2005.11.27

レミオロメンと1リットルの涙

ドラマ「1リットルの涙」関連のCDをまとめて購入しました。CDシングルを買うことはほとんどなくて、数年前にミスチルの「Any」を買って以来です。

lemioromen 3月9日/レミオロメン

 粉雪/レミオロメン

 OnlyHuman/K

「3月9日」は「粉雪」にも収録されているのですが、アレンジが違うようなので、別々に購入しました。

HMVで「OnlyHuman」を試聴したらドラマを思い出してしまい、涙が出そうでその場で全て聴くことができませんでした。。。

自宅で歌詞カードを見ながら聴いています。レミオロメンの曲、いいですね。「3月9日」も「粉雪」も歌詞がいい。両方とも、ひとりぢゃなくってふたりなんだってことを歌っている。

そして、からりとしたキターが心地よい。

ひとことで言うと、<あったかい>。なんていうか、陽だまりみたいな歌

語弊を承知で書いてしまうと、なんとなくチューリップの曲に似ているんです。なーんとなくね。。

両方ともドラマで何度も聴いているから、どうしてもドラマの亜也(沢尻エリカ)と遥斗(錦戸亮)のシーンを思い出してしまいます。

遥斗は原作の木藤亜也さんのお母様が、こんな恋をさせてやりたかったという想いから設定された架空の人物。彼が存在していることで、亜也の<青春>を感じられるのだと思います。二人のシーン好きです。

 瞳を閉じれば あなたが

 まぶたのうらに いることで

 どれほど強くなれたでしょう

 あなたにとって私も そうでありたい

              「3月9日」より

|

« 散財、久々の。。。 | トップページ | 海の中のクリスマス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/7343924

この記事へのトラックバック一覧です: レミオロメンと1リットルの涙:

« 散財、久々の。。。 | トップページ | 海の中のクリスマス »