« 「relaxing life 2」 | トップページ | 丸の内、夜の散歩 »

2005.11.12

北斎展・HOKUSAI

hokusai東京国立博物館の「北斎展」に行ってきました。

行くならば超混雑の土日の午後は避けるべし、比較的空いている午後4時過ぎがおすすめという東博HPの混雑状況にしたがって。金曜は午後8時まで空いているので、午後遅く行ってもゆっくり見ることができます。

しかし、出展300点以上あるので、あまりゆっくり見ていると全て見ることができなくなります。私は5時に入館して、2時間半かけて見ました。それでもかなり急ぎました。

2回券を購入したので最低あと1回は行くため、次に行く時には見られない作品、海外から来ている作品を重点的に見ました。夏に行った三越の展示で主要作品は見ていたので、それらは軽く見る程度で。

人も動植物に対しても描写が緻密で、そこに描かれる美人画、町民の着物の色使い・柄の美しいこと。町人の生活や鳥や植物の動きを捉えて、作品の中に閉じ込めることがうまい。線、模様、動きをじっくり見ていたら時間がいくらあっても足りないですね。

凱風快晴」の刷り較べがあって違いを見るもの面白かったです。東博の赤富士に較べて、初期に刷られたギメ美術館、ケルン博物館のそれは、色も薄くて、プルシャン・ブルーの空もずーっと薄くてとても繊細なのです。版画とは色の入れ方次第でこんなにも変わるものだと思いました。

これだけ多くの作品を見ると有名な富嶽三十六景シリーズは、北斎の作品のほんの一部なのですね。晩年の作品(画狂老人卍期)の肉筆など、素晴らしい作品をたくさん残しています。日経新聞の日曜版に数週にわたって紹介された中の、「西瓜図」のなんとも爽やかなこと、「扇面散図」の構図、色・柄の鮮やかなこと。作品、数とも精力的。<画狂>と名乗るだけのことはありますね。

kanagawakenokiまた、今回は全展示作品(495点)のうち4割近くが海外の美術館・博物館で所蔵している作品です。流出の経緯は様々でしょうが、多くの作品が海外に流出しているのだと改めて知りました。この富嶽三十六景「神奈川県沖波裏」メトロポリタン美術館からやってきました。

会場は、人気作品の前では人が溜まってしまいなかなか進行しないこともありましたが、さほどのストレスは感じずに見ることができたのではないかと思います。

tohaku_lightUp そして、夜の東博はライトアップされています。今はちょうど大イチョウがライトアップされています。音楽も流れていて、作品を見て疲れた足を休ませるにはちょうといい雰囲気です。

しかし、10月25日に展示が始まってから既に2度も展示替えをしているとは知りませんでした。会期中に展示換えがあることは承知していて、今日行けば前半は間に合うかと思っていたのですが、パンフレットを見たら毎週展示替えがあるのです。既に何点か見逃した作品が。。。甘かった。。。

とりあえず、来週のみ展示の作品は無いようなので、11月22日の週以降、どこかでまたでかけようと思っています。

|

« 「relaxing life 2」 | トップページ | 丸の内、夜の散歩 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/7047104

この記事へのトラックバック一覧です: 北斎展・HOKUSAI:

« 「relaxing life 2」 | トップページ | 丸の内、夜の散歩 »