« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.27

ハッピー・ハロウィーン

10月ももうすぐおしまい。31日はハロィーンです。デパートのスイーツコーナーには「かぼちゃの○○」のお菓子が並んで見ているだけでも楽しいものです。

halloween 先の日曜日、Bunkamuraの帰りに銀座を歩いていたら、歩行者天国でハロウィーンイベントをやっていました。仮装(?)した子供たちと見守るお父さん、お母さん。我が子を記録に残そうと奮闘するご両親には、すごいパワーを感じました。

私の一番のハロウィーンの思い出はハワイで迎えたハロウィーン。このハワイの旅は、ハッピーな思い出がいっぱいで今でもよく覚えています。

10月30日にハワイに到着したら、入国管理の人から「You have a birthday twice this year.Happy birthday.」と言われました。確かにそう。日本とハワイで誕生日。なんだか得した気分でした。

そして、翌日はハロウィーン。やはり本場のノリは違いますね。ワイキキの通りを仮装した人々が歩いていくのを見るのは楽しいものでした。

お祭りは参加することに意義がある。参加したかったのですが、どこで借りればよいか分からなくて、結局通りを歩く人たちを見ていました。でも、それでも十分楽しかった。

さて、今年の誕生日&ハロウィーンはなにやら楽しそうな予感。今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.23

ギリギリでした。。

1週間ぶりの投稿です。先週は深夜帰宅続き。全く余裕がありませんでした。

moreauBunkamuraに「ギュスターヴ・モロー展」を観に行ってきました。今日までだったので、ギリギリ間に合いました。最終日でしたが、午前中だったので、すごく混んでいるという感じではありませんでした。

神話、英雄、詩人、運命の女、サロメなど、テーマに分けて展示されていて見やすかったです。モローの絵はきれいで、気持ちがよくなります。色、形、顔、衣服の模様。。。女性も男性も美しい。

残念だったのは、見たいと思った作品が「習作」しかなかったこと。まぁ、いろんな美術館に分散しているので全てを揃えるのは難しいのでしょうね。

「出現」をじかに見ることができたのは良かったです。空中を浮遊する生首。そこからは血がしたたっているけれども神々しい光につつまれている。それに対峙する1人の女。彼女は半裸で生首を指差している。一度見たら忘れられない作品です。生首は預言者ヨハネ。女は16歳の美少女サロメ。

オスカー・ワイルド「サロメ」。”ヨカナーン、私はおまえの首に接吻したわ!”この下りを思い出していました。どちらも、新約聖書に基づいた作品です。モローは絵で、ワイルドは戯曲でそれを表現しました。

他に、「オイディプスとスフィンクス」と「神秘の花」が好きな作品なのですが、この2つは習作のみでちょっと残念でした。。

久しぶりの渋谷は、相変わらず人が多くて帰ってから疲れてしまいました。やはり渋谷は私のグランドではないのだなぁと再認識。

さて、25日からは東京国立博物館で「北斎展」が始まります。こちらはなるべく早く行くようにしたいと思っています。できればリピーターになりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.16

偏頭痛

宇宙のテンプレートが素敵だったので変えてみたのですが、んー、過去の記事が非常に見づらいですね。後で戻すかも。。。

数年前から、「頭痛もち」になってしまいました。まだ慢性化まで行っていないので、突発性の偏頭痛、という感じでしょうか。

なぜこんな話しを書いたかというと、今日がまさに偏頭痛の一日だったのです。

朝起きると、ズキンズキンとした激しい拍動的な痛み。「あー今日はもうだめだ」とあきらめました。部屋で安静にしていても、ちょっと下を向いたときに、ズキズキと我慢できない痛みが。。。辛い一日でした。

だけど、頭痛薬は飲みません。風邪薬、胃薬、頭痛薬、目薬などなど、薬を体に入れるのが嫌いないんですね。昔、喘息でイヤになるくらい苦い薬を飲まされた反動でしょう。もうダメだと思うまで絶対に飲みません。

それに、私の場合は原因は決まっているから。。。偏頭痛のはっきりとした原因はまだわかっていないようですが、私の場合は「寝不足」とほぼ断定できます。だから週末はちゃんと寝てはいるのですが。。。

最近は偏頭痛も病気として認められてきているようです。危ない病気が潜んでいる可能性もあると、先日新聞で読みました。だから、あんまり続く時には、病院に行くべきなのでしょうね。私の場合は、まだ、これが原因と言えるものがあるので、とりあえず、大丈夫かな(何が?)と思っていますが。。

せっかくの日曜日に残念でしたが、これも体からのアラームということで、いたわってあげるべきこと。

というころで、本日はこれまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.15

他人とは違うものを。

FORISTV 我が家のテレビは、EIZOの「FORIS.TV」。23インチのDVD一体型の液晶テレビです。4月にブラウン管テレビが壊れた時に買い換えました。

ポイントはデザイン性。他のメーカーと違うところがいい。今は、液晶もプラズマも流行のメーカーは決まっていて、どこも同じ感じなんですよね。私は、もの選びにはあまのじゃく的なところがあって、人と同じものが嫌いなんですね。だから。。。

ナナオはもともとPCのディスプレイでは有名なメーカーでしたし、日比谷のショールームで、液晶の美しさと音の良さに実際に触れてみて、それで決めました。色は、5色の中で画面が一番キレイに見えるフォリスブルー。

自分で組み立てるのですが、これがまた非常に楽しかったし、環境にやさしい合理的なパッキングも好ましいものでした。

先日、「ワールドビジネスサテライト」を見ていて新しいモデルが発売されることを知りました。26インチ、デジタルチューナー付で、私のものと同じ値段。液晶パネルが値下がりしているからでしょうが、なんとなく悔しい気持ち。。。今はサイクルが早いから買い時を決めることが難しい。

最近はデザイン家電が増えてきて、私には嬉しいかぎり。リビナヤマギワなど行くと、嬉しくて仕方ない。今欲しいのはお洒落な、だけど使いやすくて場所を取らないブレンダー。時間をみつけてはネットで探しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

プラネタリウムの夢

今宵は久しぶりの晴れた秋の夜空。夜気の中に美しい上弦の月が浮かんでいます。

otonanokagaku

先日の日経新聞に「大人の科学」が売れているという記事が出ていました。付録が充実しているのですよね。特にプラネタリウムの付録が付いている9月号は完売して、あんまり人気なので、11月に重版が発売されるそうなのです。

で、このプラネタリウムの付録がすごい。1万個の星を投影できる本格派です。

監修は大平貴之さん。

科学未来館のメガスターⅡで500万個の星を投影。そして、愛・地球博でもメガスターを公開。一番新しいところでは、ネスカフェのCMに唐沢さんと出演しているという時の人です。

学研のサイトで投影している画像があるのですが、これがまたすごい。1万個の星って、これだけあるんだと驚きました。

これだけの付録が付いて1冊2200円。私は11月発売の重版を楽天ブックスで即予約してしまいました(bk1は検索してもヒットせず)。今現在、あと223冊。欲しい方、お早めにどうぞ。

(amazonをのぞいたところ、表示上は予約購入でなく購入。そしてお届けが11月末となっていました。どこも同じのようです。)

そうそう、科学未来館のメガスターⅡ。非常に素晴らしいです。イスの座り心地、音響も良いです。国の施設だけあって入場料は500円。メガスターだけではなく、他にもいろいろあって1日遊べます。是非いちど出かけてみてはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.11

1リットルの涙:1話

前クールの『海猿』で予告編を見てから、見ようと決めていました。今期は他にBS2『ザ・ホワイトハウス』の計2本。このくらいなら、なんとか見続けられそうです。

実話ベースなだけに、原作者である木藤亜也さんのポートレートと、バックに流れるKの「Only Human」のエンディングで泣けてしまいました。彼女が生きた記憶を刻むドラマなのだと強く思いました。

ということで第1話。はじめから中盤は少しだらりとしていたけれど、亜也の病気の兆候が顕著になってからは展開が速くなりました。そして、1話のクライマックスに続くのですが、、、

クラス委員になってしまった亜也が合唱大会に興味を示さないクラスメートに、「高校生なんだからまだまだ時間がある。まわり道して無駄なことしたっていいじゃない」と語りかけるシーンと、母親が主治医から亜也が「脊髄小脳変性症」という難病で完治の見込みが無いと告知されるシーンが同時進行。なんて残酷なんだろうと思いました。

<いまはつぼみ>と亜也は書いています。そうですよね。高校生活がはじまったばかりで、これからいろんなことを学んで、いろんなものを見て、大きな花を咲かせるはずですもの。けれど、彼女には残された時間は余りにも短いのですね。。。

次回からは、亜也がどう病気を知って、どうやって受け入れていくか。辛いけれどしっかり見て行きたいと思います。脚本は『ごくせん』の江頭美智留さんですし、暗く深刻にならないストーリーを期待したいと思います。

最後にキャストについて。

亜也役の江尻エリカさん。若い頃の深田恭子に似ている(今でも若いか>深キョン(笑))。かわいいですね。

しっかり者の母親役に薬師丸ひろ子。すこしあわてんぼうの父親役に陣内孝則。妙に合っています。しかし、妹役の成海璃子ちゃん。『瑠璃の島』の瑠璃とかぶるような反抗的な女の子。役のイメージが定着してしまいそうで心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.10

愛しのマロングラッセ

新栗の季節です。期間限定のマロン系スイーツをよく見かけるようになりました。私も今年はじめてのマロングラッセを買いました。

大好物です。大粒のマロングラッセを1度に1つだけ。おともは苦いエスプレッソ。至福の時間。。。

しかし、マロングラッセとの出会いは比較的遅かったです。モンブランも苦手でした。それが、イタリア旅行で本場のマロングラッセを食べて一転。なんでこんな美味しいものをこれまで食べなかったのだろうと思いましたね。

店名は忘れましたが、ミラノのスフォルツァ城近くのお店。ここで食べたマロングラッセが、甘いけれどお酒が効いていて、子供は禁止!の大人の味!マロングラッセを愛してしまった瞬間でした。ワイン好きの友人は赤ワインとともに。昼間から真っ赤になれない私はエスプレッソとともに。

いくら大好物と言っても、甘いので一度に食べられるものではありません。食べたいと思ったときに、バラで少しずつ。何度か利用しているのはダロワイヨ。後は、ロイズ。これがなかなか、不自然な甘さがなくて美味しいです。

marrons_glaces これははじめて買った、銀座三越のルコントマロングラッセです。新栗で、どちらかがおフランスの栗で、どちらかがトリノの栗でおフランスで作ったもの。(忘れました。。)

お値段は税込で、おフランスの栗が367円、トリノの栗が472円也。ダロワイヨも350円くらいしていたと思います。そう、マロングラッセって高価なのですよねー。

今回は比較のため半分ずついただきました。同じお店だからシロップの味は同じ。しかし、栗の味が明らかに違いました。ブラウンのパッケージの方が栗の味が濃いです。シロップはちょっと甘めかな。2個食べてしまおうと思ったけれど、半分ずつが精一杯。私が美味しいと思う分量は、やはり合わせて1個です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.09

ミントウォーター

昨日サロンに行った折り、「METROMINT」というお水を試供品でいただきました。

metromint よく見ると、大塚製薬の製品。まだ店頭で見かけたことがないので、これから発売されるのでしょう。

お店の人の話しでは、クセがあるので苦手な人もいるようです、とのことでしたが、私は気に入りました。お水にミントの葉を入れただけのようなストレートのお味。冷やしてさっぱりといただけます。ボトルもお洒落。発売されたら買うでしょう。

さて、最近大塚製薬(大塚ベバレジ)のウォーターを好んで買っています。レモン味の「CRYSTAL GEYSER Sparkling Water」を愛飲しています。ほどよいレモンフレイバーが爽やかです。

ペリエやサンペグリノなどのスパークリングウォーターは好きなのですが、特にペリエは高いんですよね。でも、これはコンビニで137円。他の500ml飲料よりも安いのです。ペットボトルはゴミになるので買わないようにしているのですが、これは500mlしかないので主義をまげて飲んでいます。

でも、このCRYSTAL GEYSER。最近はam/pmでしか見かけなくなってしまいました。

これは私の思い込みかもしれないけれど、はじめに登場した時はすごい炭酸で、振っていないのに開けるときに泡が吹き出すことも。しかし、一時期見なくなってから再登場した時は、泡が弱くなった感じがしました。そして最近、再々登場したら、泡の力が戻っていました。

勝手に想像すると、一度目は泡が強いと苦情が出て、泡を弱くして再登場。しかし、今度は泡が弱いとの意見が強くて再び泡を強くした。違うかなぁ。。でも私は、今の泡の強さ、好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.08

美容院の日

本日は美容院の日。銀座の美容院で午後の時間を3時間半。

美容院は不思議な場所です。入るときと出るときが、まさに使用前、使用後状態。この変わりようは何なんでしょうね。

カラーリングしていると退色するので、2ヶ月に一度程度の割合でカラーリングに行くのですが、このカラーリングが時間がかかるのですね。私の場合はブリーチを入れているので、普通の倍の時間がかかります。その間雑誌などを読んで過ごすのですが、肩が凝ります。動けないのは疲れます。

一方で至福の時間は、洗髪とマッサージのとき。ひとに手を施されるのは気持ちいいものです。あんまり気持ちが良くて、今日は洗髪の時に意識が遠のきました。今まで寝てしまったことは無いのですが。。

今担当してくれている人は、無駄なおしゃべりをせずに、しっかりと仕事をしてくれるので気に入っています。時々新しい提案をしてくれて、時々試してみたり。

kerastaseこれは、サロンで購入したシャンプーとトリートメント。「KERASTASE」というロレアルのサロン専用の製品です。夏の紫外線対策ということで、前回行った時に薦められて購入しました。

シャンプー2500円、トリートメント3300円。一般のものよりも高めですが、使うと髪がやわらかく、なめらかになります。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

まだまだ。。。

久しぶりにへこみました。その場で涙が出なかったのが不思議なくらい。持ち堪えられたのは、多分プライドです。

上司への商品化のご紹介資料のレビューでした。説明したのは別の人だったけれども、作成したのは自分。彼への厳しい指摘は私への指摘と受け止めていました。先週言っていたことと違うじゃないかと反論したいこともあったけれども、その場はぐっとこらえて、聞き漏らさない努力だけしていました。

ここ数日、ブログへの投稿もせず、睡眠時間3時間程度で資料を作成。今朝の占いは、健康運はナンバーワン。ラッキーカラーのブラウンの服を着ていたけれど。。睡眠不足は報われず、占いも味方せずの結果となりました。

誰に何を説明したいのか。どうしてこれが必要なのか。他社サービスと違うアピールポイントはどこにあるのか。

分かっているつもりでも、一番欠けていたのは、<誰>の視点。だから出だしから辛らつな指摘が続くこととなりました。

レビュー終了後、仲間からはげましの言葉。でも、それも辛いものです。自分のほうは、説明した彼に申し訳ない気持ちでいっぱい。資料作成はうまくなった。数もこなした。でも、まだまだ。ホント、まだまだだ。

一晩眠ればまたやり直せばいいと思えるようになるだろうけれど、今日はこのままへこんだままで。悔しい気持ちを忘れないようにしよう。

susi←ということで、悔しい気分でありながら、気分転換に仕事帰りに寿司を食す自分でありました。が、自棄とは違います。念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.04

ブラックウォッチに夢中

今、私の中で2度目のブラックウォッチブームです。まぁ、世間では定番アイテムなのかもしれませんけれども。。。

blackwatch 大学時代、そして卒業してからの数年間、チェック柄自体が好きだったんですね。マドラスチェックも好きでした。その中でもブラックウォッチは、落ち着いていて品があって一番好きな柄でした。

一方、チェック柄でも、バーバリーは「バーバリーです!」と宣言しているような気がして好みではありませんでした。今持っているバーバリーのコートも普通のラインとは違う柄です。

その後、チェック柄が幼く感じられて、自然と遠のいていました。

それが、ここにきて何故かブラックウォッチなんですね。スカートは銀座で購入。ワンピースはインターネットで購入しました。

あの頃とは年齢も違うから、着こなしも変わってくるのはあたりまえ。今年の秋冬は黒が着たい気分だから、黒と相性がいいブラックウォッチを、カジュアル感を持たせつつ、落ち着いた感じに着たいと思っています。

先に記事で書いたけれど、自分自身がどんどん中性的になってきています。今年の夏は、結局は2回しか潜りに行けなかったけれど、スキューバをはじめたことで、気持ちいいカジュアルが今の気分です。

動きやすくて着心地がいい服を選ぶようになって、夏はTシャツとデニムで過ごすことが多かったけれど、秋冬は気持ちよさにきちんと感をプラスしたい。それでブラックウォッチに行き着いたのかもしれません。

けれども、ハイヒールが好きな自分もいるわけで。まぁ、その日の気分でいろいろと楽しみたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

WARMBIZスタート

wlogo

以前記事に書きましたが、10月から環境省の呼びかけで「WARM BIZ」がはじまりました。暖房に頼りすぎず、冬のオフィスを暖かく、快適に過ごすビジネススタイル、とのこと。

私の会社も「WARM BIZ」に参加しており、9月に「WARM BIZ」スタートに関するメールアナウンスがありました。暖房は20度に設定。20度が寒い場合は、厚着での執務も可、とのこと。なんだか肩が懲りそう。。

これも先の記事で書きましたが、私自身はウェルカムなんですよね。これまでの冬のオフィスは暖房が効きすぎて暑くて仕方なかったですから。冬でも半袖なんて当然でしたもの。よいことだと思います。寒ければ着込めばよいのですから。ただし、肩が凝らない程度に。オフィスは人も多いことだし、20度でも大丈夫なのではないかな楽観しています。

一方、自宅での20度設定は難しそうです。特に冬の暖房の20度設定はかなり厳しいでしょう。私の部屋の暖房設定は例年だいたい26度。6度下げたら、それこそコートを着込まないと寒くて我慢できそうにないし、活動する気力もなくなりそうです。お洒落できるから秋冬シーズンは好きなのですが、寒がりなのですよね。。。

昨日の日曜がとんでもない暑さだったからか、男性はまだCOOLBIZの名残りが。その中で、ネクタイしてきた同僚に聞いてみると、やはりネクタイ無しになれてしまうと久しぶりのネクタイは窮屈とのこと。そうでしょうね。

さて、実質的にWARMBIZがはじまるのはいつからかしら。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.10.02

ピンクリボン

10月はピンクリボンフェスティバルでもあるのですね。

昨日、東京タワーがピンク色になりました。今日、銀座を歩いていたら、ピンクリボンのバッチをもらいました。

pinkribbonピンクリボンとは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の重要性を訴えるシンボルマーク。10月はそのキャンペーン月間で、賛同する企業や団体がさまざまなキャンペーンを行なっています。

乳がんによる死亡数は増加傾向にあり、94年にはじめて1万人を突破しました。その半数は30代から50代の女性とのこと。

日本人女性の30人に1人が乳がんにかかると言われているそうです。30分の1は決して低くはない確率。しかも、妊娠したことがない女性の方が発症率が高いと、昔聞いた記憶があります。

一方、早期発見がしやすく、早期発見による治癒率が高い(95%)のも乳がん。だから、日々自己チェックし、年に一度はマンモグラフィ(乳房専用のX線撮影装置)の受診で早期発見を心がけることが大切なのです。

しかも、最近では、しこりが小さければ、胸をえぐらずに乳房の温存手術も可能になってきています。これも、早期発見なれば可能なこと。そのためにも、早期発見は非常に重要なのです。

昔は、自分は大丈夫という根拠のない思い込みをしていたけれど、父をガンで亡くしてからは、ガンは他人の病気ではなくなりました。また、私は、乳がんの大半を占め、条件的にも当てはまってしまう世代。だから、なおさら意識しておかなければならないのですが。。。

会社には、女子従業員向けの成人病検診の制度があります。誕生日にそれを受診しようと決めていたのですが、まだ1度しか利用したことがありません。

それぢゃいけない。まずは、できることから。もうすぐ誕生日。きちんと検診を受けることからはじめようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.01

バースデー月間スタート

10月です。私事ですが、10月はバースデー月間。各方面からいろいろなカードが届きます。

birthdaycard その1.ポイントアップ

まずは、西武CLUBONカード。1日1,050円以上お買い物をすると200ポイントプレゼント。通常1,000円のお買い物で20ポイントなので10倍のポイント。毎週末1,000円ずつお買い物をすると2000ポイント。2,000円のお買い物券がいただけるということになるのです。

そして、CLARINSのハッピープレゼントとポイントプレゼント。毎年いろんなプレゼントをいただきます。といっても、不必要なノベルティはいただかないことにしているので、残念ながら、と辞退することもあります。さて、今年はなにかしら。。

その2.お食事券

数年前に食事をして登録したお店から、いまだに葉書をいただきます。その後、一度も行けていないて申し訳ないです。

また、二期倶楽部からは、昨年までは系列のお店のワインフルボトルプレゼントの特典がありました。いつも実家に送られるので、現時点で届いているかどうかはわからないのですが。。

その3.金利優遇

今年はじめて届いた、某銀行からのバースデーカード。お誕生日月中に300万円以上設定すると、金利の上乗せがあるらしい。誕生日を機に預金の追加ね。残念ながら、先立つものがありませぬ。。

そして月末には、友人たちからいつものように愛情に満ちたバースデーカードが届くことでしょう。やはり、これが一番楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »