« 愛しのマロングラッセ | トップページ | プラネタリウムの夢 »

2005.10.11

1リットルの涙:1話

前クールの『海猿』で予告編を見てから、見ようと決めていました。今期は他にBS2『ザ・ホワイトハウス』の計2本。このくらいなら、なんとか見続けられそうです。

実話ベースなだけに、原作者である木藤亜也さんのポートレートと、バックに流れるKの「Only Human」のエンディングで泣けてしまいました。彼女が生きた記憶を刻むドラマなのだと強く思いました。

ということで第1話。はじめから中盤は少しだらりとしていたけれど、亜也の病気の兆候が顕著になってからは展開が速くなりました。そして、1話のクライマックスに続くのですが、、、

クラス委員になってしまった亜也が合唱大会に興味を示さないクラスメートに、「高校生なんだからまだまだ時間がある。まわり道して無駄なことしたっていいじゃない」と語りかけるシーンと、母親が主治医から亜也が「脊髄小脳変性症」という難病で完治の見込みが無いと告知されるシーンが同時進行。なんて残酷なんだろうと思いました。

<いまはつぼみ>と亜也は書いています。そうですよね。高校生活がはじまったばかりで、これからいろんなことを学んで、いろんなものを見て、大きな花を咲かせるはずですもの。けれど、彼女には残された時間は余りにも短いのですね。。。

次回からは、亜也がどう病気を知って、どうやって受け入れていくか。辛いけれどしっかり見て行きたいと思います。脚本は『ごくせん』の江頭美智留さんですし、暗く深刻にならないストーリーを期待したいと思います。

最後にキャストについて。

亜也役の江尻エリカさん。若い頃の深田恭子に似ている(今でも若いか>深キョン(笑))。かわいいですね。

しっかり者の母親役に薬師丸ひろ子。すこしあわてんぼうの父親役に陣内孝則。妙に合っています。しかし、妹役の成海璃子ちゃん。『瑠璃の島』の瑠璃とかぶるような反抗的な女の子。役のイメージが定着してしまいそうで心配です。

|

« 愛しのマロングラッセ | トップページ | プラネタリウムの夢 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/6356697

この記事へのトラックバック一覧です: 1リットルの涙:1話:

» 米国TVランキング: 10/3(月)〜 10/9(日) [アメリカに暮らす]
{/tv/}10/3(月)〜 10/9(日)のアメリカ合衆国の週間プライムタイムTVランキングをお伝えします。 【参考】 ★アメリカの2005-2006年TVシーズン番組表:[ネットワーク別] [曜日別] [プレミア日程] ★オススメ新番組(2004-2005年シーズン編=Lost、Desperate Housewives他) トップ3は前週と同じく、番組別では『CSI』(CBS系列)が相変わらずの強さで首位、そして『Desperate House... [続きを読む]

受信: 2005.10.14 06:03

« 愛しのマロングラッセ | トップページ | プラネタリウムの夢 »