« 「死神の精度」伊坂幸太郎 | トップページ | 今年のボジョレー »

2005.09.24

お彼岸

お彼岸で実家に帰ってきました。家から歩いて5分程度の場所にお墓があるので、いつもと同じように、母と一緒にお散歩がてらお墓参りです。

utunomiya_station ほぼ一ヶ月ぶりの宇都宮駅は、改装されてとても明るくてきれいになっていました。前回帰った時に工事中だったので、改装は知っていましたが、思ったよりもきれいになっていました。

以前は、改札を出て駅ビルパセオに行くまでの間は、だだっ広い通路があるだけだったのに、そこにはお土産店エリアができていました。さらにその中には、餃子店が数軒集まった「宇都宮餃子小町」なるものがありました。

しかし、、、また餃子ですか。これで、駅前も駅中も餃子、餃子、餃子。。景観としては、いかがなものか。抵抗を感じてしまいます。

宇都宮が餃子で有名になってからは、「宇都宮餃子」などよくわからないお店が多くできましたが、私は食べたことがありません。

昔からあったのは、「みんみん」と「正嗣」の2大チェーン店。「みんみん」は大きめで野菜が多い餃子。「正嗣」は小ぶりで肉が多い餃子。私はどちらかというと野菜が多い「みんみん」が好みでした。

でも、もともと外に餃子を食べに行くことはなくて、もっぱら家で母が作る水餃子を食べていました。するするといくらでも食べられてしまう、さっぱりとした家庭の餃子。今でも、焼きよりも水のほうが好みです。

さて、本日の宇都宮は雨が降って涼しくて、本当に、暑さ寒さも彼岸まで、でした。

衣替え用の荷物の配送をお願いして帰ってきました。明日届いたら、東京から夏服の送り返し。これをあと何回か繰り返して、秋冬モードに入ります。

|

« 「死神の精度」伊坂幸太郎 | トップページ | 今年のボジョレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/6101976

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸:

« 「死神の精度」伊坂幸太郎 | トップページ | 今年のボジョレー »