« 「天国はまだ遠く」瀬尾まいこ | トップページ | 国勢調査 »

2005.09.27

海猿・10話&最終回

今更なのですが、「海猿」はずっとレビューを書いてきたので、まとめの意味で。先日やっと見たんです。。。

10話、11話では、海上保安官という仕事と家族の関係が、大輔と環菜と環菜の母親、そして、下川隊長と娘(唯)と元妻の2組のストーリーで描かれていました。

唯がプレジャーボートで遭難し、それを命がけで助ける下川。このエピソードで、大輔は環菜を想いながら海上保安官として生きることの答えを見つけるんですね。

「訓練は要救助者の助けるためでもあり、自分を守るため。

 それができないときは、環菜さんを悲しませるときは、僕はこの仕事をやめます。

 僕は海では死にません。必ず生きて帰ります。

環菜の母親に言いきった大輔が、最高にかっこよく見えました。そして、彼を信じると決めた環菜も。

ドラマ「海猿」を通して大輔と環菜の絆が深くなって、そして映画に繋がるのですね。10話ではプロポーズのような言葉を言っていたし、予告編でドレスを着ているシーンがちらりと映りましたから、もしかして?

一方、下川隊長は意識不明から意識を取り戻します。確かにベタな展開でしたが、あれはあれで良かったです。池澤が死んで、さらに下川隊長まで、はあまりにも辛すぎましたから。

最後に。私は、大輔と環菜の身長差が好きでした。最近の女優さんはモデル出身の方が多く背が高いから、キスシーンで男性がかがむことが少ないけれど、この二人の身長差ってちょうどいい。きれいだなーと思いながら見ていました。

映画「海猿2」は現在ロケ真っ最中の様子。来年5月6日公開予定とのこと。楽しみに待ちたいと思います。

|

« 「天国はまだ遠く」瀬尾まいこ | トップページ | 国勢調査 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/6137112

この記事へのトラックバック一覧です: 海猿・10話&最終回:

« 「天国はまだ遠く」瀬尾まいこ | トップページ | 国勢調査 »