« 絵のなかのふたり | トップページ | ゆるいです。 »

2005.09.07

男性のお洒落

購読している日経新聞に、伊勢丹メンズ館の全面広告が出ていました。

isetan女性のお洒落だけでなく、男性のお洒落も好きです。

特に、ここにあるようなカジュアル系のお洒落をした男性を見ているのは好きですね。基本的には黒が好きだけれど、こういったキレイな色のセーターやコートを着こなしている人を見ると、お洒落だなぁーと見とれてしまいます。

でも、こういうのって、いかにも「お金かけてます!頑張ってます!」的な姿勢が見えてしまうと、これが拒否反応を示してしまうんですね。こなれていないとお洒落に見えない。こなれていないから、こちらに、「素敵」と言うための<間>を残してくれていないの。

この<こなれる>というのは積み重ね。そう簡単にできるものではないから、若い人の「頑張ってます!」的お洒落は、「頑張れ!」って許容すべきなのでしょうね。そして、ある程度の年齢になった時に自然になじんで、その時に<素敵>と思えるようになるのでしょう。

よく、「外見ではなくて中身で勝負」と言うけれど、外見(服装も含めた装飾)も中身の一部だと思うのです。服装には、やはり嗜好や趣味など、その人の人となりが出ると思うのです。

私の場合は、年を重ねるごとに、だんだん中性的になってきて、着るものもベーシックになってきました。特にダイビングを始めた今年の夏は、会社は別として普段着はTシャツばかり着ていました。これも私の人となり、ということ。

新宿はなかなか行かないので、伊勢丹メンズ館はちょろっと見た程度。一番好きな空間は、原宿のUNITED ARROWSかな。マッキントッシュのコートの受注会に行って以来のお気に入りです。あの、レディスショップでは感じることのできない空気。居心地の良さ。そういう時、あー、男性っていいなぁと思わずにいられません。

|

« 絵のなかのふたり | トップページ | ゆるいです。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/5822862

この記事へのトラックバック一覧です: 男性のお洒落:

« 絵のなかのふたり | トップページ | ゆるいです。 »