« blast! | トップページ | 皇帝たちの行進 »

2005.08.08

海猿・バディ

遅ればせながら、残暑お見舞い申し上げます。そして、遅ればせながら、『海猿』EVOLUTION5を見ました。

今回のテーマは、ズバリ<バディ>。別所と永島、そして、池澤と仙崎。別所は自分の限界を感じ、池澤は目の病気でそれぞれ潜水士をやめようとする。ファミリーデーの日の緊急出動。残された池澤の妻と環菜は、それぞれ夫、ボーイフレンドの身を案じて待つ。そして、別所は負傷し「ながれ」を去る。一方、大輔と池澤はバディ勝負。大輔の想いを受け止めて、池澤は「ながれ」に残ることになった。

ストーリー的にはイマイチだったかな。まず、別所が辞めようとする理由が伝わってきませんでした。前回までに伏線があればすんなり入っていけたのですが、なんだか唐突な感じ。池澤の目の病気にしても、危険度の高い病気ならば残らせるのはいかがなもの?客観的に見て、本人のこれからのことを思うと辞めさせることが一番の選択のように思うのですが。ドラマなんだけれども、先週の遺族との関係も、今回のことも少し違和感が。。

一方で気になるのは、仙崎と環菜との関係。池澤とのバディ関係は良い方向に向かい始めたみたいだけど、こちらは微妙になってくるようですね。前向きに進んでいってほしいけれど、どうかな。

そして、今回はサブタイトル<筋肉番付編>。どうしてみんな、裸になって懸垂したり、腕立て伏せしたりするかなぁ。。これは海保の現実なのかしら。確かに、要救助者を救うには腕力が必要とは思いますが、こうしょっちゅうやっていると筋肉バカにしか見えなくなってくる(笑)。仙崎はまぁいいとして(おいおい)、池澤さんまでそうなっちゃいますかぁ?

ところで、既に最終話も撮ってしまっているみたいです。一般的なドラマのスケジュールと比較するとかなり早いペース。映画の衣装合わせもしているみたいです。

安藤プロデューサーのブログはこちら→http://www.umizaru.jp/app.php?diary_id=2

|

« blast! | トップページ | 皇帝たちの行進 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画コーチカーターを見ました。これも、やたらに腕立て伏せ登場。
目が悪くなった方(芸名失念)の胸の筋肉が綺麗に出てました。鍛えているんですね。

投稿: 1984 | 2005.08.14 00:40

1984さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
仲村トオル@池澤さん、ですね。
伊藤くんの筋肉は映画『海猿』の時に見てたので驚かないですが、仲村さんには正直驚きました。

投稿: moonshiner | 2005.08.14 22:53

映画「コーチ・カーター」

舞台はカリフォルニア州リッチモンド。実話です。
日本でいえば落ちこぼれが集まる高校のバスケットボール部
負け癖がついている。そこへ、同校同部OBで全米学生代表選手に選ばれたカーターが、3ヶ月うん十万円で契約コーチとなり登場。部員と契約を結ぶ。1.学業で、ある一定水準を維持。2.授業は欠席せず一番前で受ける、3、試合日はジャケット、ネクタイ着用なにやらプロジェクトx そして基礎体力をつける特訓開始。腕立て千回二千回等々、「海猿」を彷彿。そして試合に勝てるようになり大学のスカウトも試合に見学に来るようになる。部員の親もそわそわ。しかし契約1の勉強ができないまま。そこで、カーターは試合のキャンセル、体育館の閉鎖を実施。親も学校もマスコミも大騒ぎに。保護者学校の会議が開催され、多数決で体育館の閉鎖が解かれる。しかし、部員はオープンされた体育館で机を持ち込み勉強。契約1がクリアされ、カリフォルニア代表を決める試合では惜しくも負けるものの・・・・・
アメリカ的な契約の世界やら、黒人への偏見、学生スポーツのプロ化問題なにやら、「女王の教室」ともダブリ、面白い映画でした。

http://www.cc-movie.jp/index02.html

投稿: 1984 | 2005.08.15 01:00

こんばんは。コメントありがとうございます。
Webで調べてみましたが、よくあるダメチームの再生物語映画とは違う作品のようですね。
腕立て伏せ1000回はキツそうで、仙崎くんも辛そうです。。
「女王の教室」は見ていないですが、話題のようですね。

投稿: monnshiner | 2005.08.21 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/5358672

この記事へのトラックバック一覧です: 海猿・バディ:

« blast! | トップページ | 皇帝たちの行進 »