« 北海道のお土産 | トップページ | 靴道楽の季節到来 »

2005.08.30

車の買い換え

実家の車を買い換えるそうです。兄の車を廃車にするので、それに合わせて実家の車を兄へ、そして家には今よりもひとまわり小さい中古の車を買うということです。

その連絡を受けて寂しいと感じたことを2つ。

今の車はトヨタ・カムリ。亡くなった父のこだわりで一番いいグレードでした。

そのこだわりというのも、隣に並んだ車が同じ車種で自分のよりもグレードが高かったら悔しい。しかも、それが自分よりも若者だったら我慢できないという、至極単純で、私から見ると笑ってしまうくらいかわいいこだわりでした。

そういうこだわりで買った車なので、乗っていた私も愛着を感じているのです。

もうひとつは、買い換えるとマニュアルからオートマになってしまうこと。今はマニュアル車を探すのも難しいのだそうです。

父がマニュアル派、兄がジムカーナをやっていたということで、我が家の車は全てマニュアル車でした。

当然、私も免許を取得してからマニュアル派となりました。加速していくときの、エンジンの回転に合わせてシフトチェンジしていくのが好きなんです。

教習所ではじめて路上に出て、いきなり片手運転した生徒です。教官に、「はじめての路上で片手運転した生徒ははじめてだ。」と忘れがたい記憶を残しました。友人たちの助手席で片手ハンドルを見ていて、それが当然だと思っていたんですけれども。違ったみたいでした。。

ギアを滑らかに切り替えていくあの感じ。オートマではあれは味わえないでしょう。物足りない。それが寂しかったりするのです。

実家の車にお金を出すわけではないし、帰った時しか運転しないので口出しはできないのですが、残念であることには違いありません。

今後兄が乗る車は、父が最後まで乗っていた車。大切に乗ってとお願いしておこうと思います。

|

« 北海道のお土産 | トップページ | 靴道楽の季節到来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
お父さんとの思い出が詰まった車となると、買い替えはさみしいですね。
でも、笑っちゃうようなお父さんのこだわり、車好きな私には十分理解できますよ。
人によっては、車はステイタスシンボルなんですよね。プライドそのものなんです。
おしゃれが好きな女性がファッションに凄まじいこだわりをもつのと、心境は一緒だと思いますよ。
私も車を手放す時、長く旅を共にした思い出が詰まっているので、とても寂しいですね。
たまに昔撮った車の写真をみながら当時の記憶を思い出して、しんみりしたりしてます。。。

投稿: HR-Miller | 2005.08.30 08:18

こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます。
そうですね、プライドですね。わかります。
HR-Millerさんも車好きなのですね。
私は凄まじいかどうか判断できないけれど、お洒落大好きです。
丁度、靴へのこだわりをアップしたところです。(笑)

投稿: moonshiner | 2005.08.31 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/5701652

この記事へのトラックバック一覧です: 車の買い換え:

« 北海道のお土産 | トップページ | 靴道楽の季節到来 »