« Ladyhawke | トップページ | 蓮を見に唐招提寺へ »

2005.06.27

深夜バスで京都・奈良へ

週末に1泊2日で奈良に行ってきました。車中泊を入れると2泊3日となるのでしょうか。その旅の話を何度かに分けて書いていきたいと思います。

奈良行きのきっかけは、6月6日に書いた入江泰吉の写真を見に行くことでした。6月26日まで奈良市写真美術館で『生誕100年 入江泰吉の写真世界─美と心の発見─』が開催されていたのです。そして、唐招提寺の蓮が咲いているだろうと、この時期に決めました。

まずは、第一回目。深夜バス~奈良到着編。

早朝の唐招提寺に到着すべく、深夜バス22:50東京駅八重洲南口発の「レディースドリーム京都」で京都へ。これに乗ると6:40に京都駅に到着します。京都から唐招提寺がある西の京までは、約50分。8:40には唐招提寺に着いていました。

時間を効率的に使えるので深夜バスにしました。はじめての深夜バスでしたが、新幹線利用との長短はありますね。

まず長所。出発時間が22:50と遅いので仕事をしてから余裕で移動できます。また、移動と宿泊を兼ねるので、前述のように時間を有効に使えます。そして、費用が新幹線よりも安く済みます。片道8,180円。のぞみ指定が、東京-京都間が格安チケットで12,800円程度。これに1泊の宿泊費も節約できるので、かなりの割安感があります。

一方の短所。レディースドリームだったので女性ばかりで安心感はありましたが、やはり眠りが浅くなり、足もむくみます。これから暑くなる中での旅の場合は、疲れが溜まりやすくなるでしょう。体力が無い場合は避けたほうがよいかもしれません。

次は唐招提寺編。乞う、ご期待。

|

« Ladyhawke | トップページ | 蓮を見に唐招提寺へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/4736955

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜バスで京都・奈良へ:

« Ladyhawke | トップページ | 蓮を見に唐招提寺へ »