« ル・コルビュジェ | トップページ | the fabulous baker boys »

2005.06.14

瑠璃の島・信じるということ

瑠璃の島」9話を見ました。悪い人が出てこないお話は安心して見ていられます。

高原(竹野内豊)の過去が明らかになりました。親友を殺していなくてほっとしました。そして、竹野内くんの<泣き>に泣けました。これで、やっと彼はきちんと過去と向き合って、前に進むことができるようになるのですね。<高原>として前向きに生きる彼が鳩海島に戻ってくれることを期待したいけれど、鳩海島の彼が<川島>として生きた彼ならば、島に戻ってくる確率は少ないのかもしれません。

そして瑠璃は、この3ヶ月近くで一生分の人との出会いと別れを経験してしまいました。大人の中で、小学生には辛く難しいことだったでしょう。でも、勇造お父さん(緒形拳)と恵お母さん(倍賞美津子)が見守っているんだから、きっと大丈夫。心豊かな大人になっていくのではないかと思います。

信じるということの難しさと苦しさ。大切な人が信じられなくて辛い時、好きな人と諍いが起きた時、校長先生の特効薬を使おうと思います。

 「まず 深呼吸してください

  おへそに手を置いてください

  そしたら 目をつむって

  信じたいものだけを 思い浮かべてください

  そしたら どうして

  その人を信じるようになったのかを思い出してください

  ひとつ ひとつ 最初から思い出してみましょう

  ひとつ ひとつ ゆっくりと思い出してみましょう」

美しい自然、素敵な言葉にあふれたドラマだと思います。最終回が楽しみです。

|

« ル・コルビュジェ | トップページ | the fabulous baker boys »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

るりちゃんかわいい(>。<@)

投稿: | 2005.06.19 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/4523480

この記事へのトラックバック一覧です: 瑠璃の島・信じるということ:

» 「瑠璃の島」 第9話 [Everything will be all right!]
昨日の話は竹野内豊の秘密が明かされる、大事な内容でしたね。 まさか親友は殺して [続きを読む]

受信: 2005.06.14 08:32

« ル・コルビュジェ | トップページ | the fabulous baker boys »