« 瑠璃の島・全部がたからもの | トップページ | 夏至・ブラックイルミネーション2005 »

2005.06.20

新宿フィル

昨日の日曜日、新宿フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会がありました。友人が所属しており、チケットを頂いたので聴きに行ってきました。演目は、以下の二曲。

 ①メンデルスゾーン / 交響曲第4番イ長調作品90『イタリア』

 ②チャイコフスキー / 交響曲第4番ヘ短調作品36

2曲目の出だしがよろしくなかったことを除けば、まとまっていたのではないかと思います。久しぶりの生の音楽。よい日曜の午後を過ごしました。

しかし、昨年11月のラトルが指揮したベルリンフィルの来日公演に行って以来、どこに何を聴きに行っても、それを超えるものに出会えていません。お値段はしましたが、それだけの価値があった演奏会でした。音楽がホール全体に立ち上っていく感じ。特に、弦楽器の音色の美しさ。本当に本当に素晴らしい演奏でした。その後で、12月に何度か第九演奏会に行ったのですが、いつものような感動を味わえませんでした。一度最高のものを知ってしまうと、もっとよいものを求めてしまいます。どんどん贅沢を求めてしまいます。

昨日、<無いことの贅沢>なんて書いておきながら。。。全くもって、人間くさくて、わがままな自分です。

|

« 瑠璃の島・全部がたからもの | トップページ | 夏至・ブラックイルミネーション2005 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

チャイコの4番1楽章冒頭は管楽器のためにある・・・・・
演奏する立場でも、鳥肌が立ちます。

投稿: 1984 | 2005.06.21 13:44

1984さん、こんにちは。
演奏したことがおありですか?残念ながら、その出だしで若干音が乱れたのでした。その後は問題なかったですが。。。

投稿: moonshiner@webmaster | 2005.06.27 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/4639149

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿フィル:

« 瑠璃の島・全部がたからもの | トップページ | 夏至・ブラックイルミネーション2005 »