« 深夜バスで京都・奈良へ | トップページ | 斑鳩・聖徳太子ゆかりの地 »

2005.06.28

蓮を見に唐招提寺へ

第二回目、唐招提寺編。

この日は朝から暑くて、早朝なのにすごい汗をかいてしまいました。奈良は暑かった。。。

8時半過ぎの唐招提寺には他に参拝の人も無く、静かな時間を過ごすことができました。これも深夜バスで早朝に到着した特権かもしれません。

Img_0556 Img_0562_2

目的の原始蓮は残念ながらまだ咲いていませんでしたが、唐招提寺本坊の鉢植えの蓮が咲いていました。左の画像は「唐招提寺蓮」。右は「太白蓮白」。カメラの性能が良いのか、私の腕前が上がったのか、お気に入りの写真が撮れました。ピンクの蓮も美しいですが、白い蓮も清楚な感じが気に入っています。蓮って近くでにおいをかぐと甘い香りがするのですね。

Img_0582_3

上の画像は鑑真和上御廟へ続く道です。緑の木々、木漏れ日、苔。緑の空間で深呼吸。暑い中でしたが、静かで気持ちのよい場所でした。

今年1月、東京で唐招提寺展があり、6月6日の開山忌しか公開されない鑑真和上坐像を見ました。まるで生きているかのような和上を見て合掌したものでした。次は開山忌に訪ねたいと思います。

そして、金堂は現在解体修理の真っ最中。完成は平成21年。まだまだ先だけれど、修理完了の際には絶対に見に行きたいと思っています。

さて、午後は飛鳥へ移動。飛鳥・法隆寺はまた明日。

|

« 深夜バスで京都・奈良へ | トップページ | 斑鳩・聖徳太子ゆかりの地 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/4737530

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮を見に唐招提寺へ:

« 深夜バスで京都・奈良へ | トップページ | 斑鳩・聖徳太子ゆかりの地 »