« POLJOT(ポレオット、パリョート) | トップページ | 西行花伝 »

2005.05.27

OFF6月号

買っておいた雑誌OFF6月号(日経ホーム出版社)にやっと目を通しました。美術館特集だったのですぐに購入したのですが、ずっと読めずにいました。

軽視しがちな常設展を、これを読んで猛省。常設展こそ、じっくり観に行くものなのです。上野の東京国立博物館に行きたくなりました。法隆寺宝物館で、静かに平日の一日を過ごしたいですね。東博は仕事で少しお世話になりましたが、本当に素晴らしい!

東京から日帰りで行くならば、箱根仙石原の2館。箱根ラリック美術館ポーラ美術館へ。でも日帰りで2館は消化不良を起こしそう。美術が好きな友人を誘って泊りがけで2館制覇といこうかしら。

ひとりならば、お散歩がてら都内の美術館へ。山種美術館、東郷青児美術館あたりへ。前者は東山画伯、後者は東郷青児その人の絵を見に。

本には載っていませんでしたが、徳島の大塚国際美術館もオススメです。陶板に複製された世界の名画を見ることができます。先日コンクラーヴェ(Conclave)が行なわれた、システィーナ礼拝堂のミケランジェロ作「最後の審判」もなかなかの迫力です。

|

« POLJOT(ポレオット、パリョート) | トップページ | 西行花伝 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109180/4269621

この記事へのトラックバック一覧です: OFF6月号:

« POLJOT(ポレオット、パリョート) | トップページ | 西行花伝 »