2018.01.16

エルメスのストール

何年かぶりにエルメスのストールをしてみました。

年末、クローゼットからPCのハードディスク画像まで、いろんな場所を片付けている中、シューズインクローゼットの片付けで、オレンジのエルメスのボックスを発見。開けると黒のストールが入っていました。


Dsc_7868

長谷川理恵がoggiモデルだった頃なので、2000年頃でしょうか。彼女が雑誌で纏っていたストールがエルメスでした。そのコンサバティブな雰囲気に憧れ、手に入れたのがこのストールでした。


東京に住みはじめて少し経った頃、銀座エルメスに一人で出かけたことを覚えています。場違いだったかもしれません。かなり背伸びしていたと思います。でも、負けないぞと背筋は伸ばしてお店に入ったと思います。

お店でいくつか色を見せてもらい、肩にかけ、何度も鏡で確認したと思います。その中で選んだ色がベージュではなくこの墨色のような黒でした。


でも、そうして手に入れた黒のストールは、頻繁にしていたのに、地味で重いように感じるようになり、いつのまにか使わなくなり、引っ越しとともに奥にしまい込んでいました。


Dsc_7859

今回、数年ぶりに取り出したのも、何年も使わなかったし、処分しようと思ったんです。
けれど、纏ってみると、ひんやりとしてやわらかなストールの質感が、とても気持ちよく感じられました。
鏡の中の自分もしっくりきます。昔は重々しいと感じてしまった色も分量も、今の自分にはちょうどいい。
身につけることが心地よく、再び背筋がピンと伸びたような気がしました。


これがブランドのチカラというものなのでしょうか。
ずっと使わずに忘れていたのは私が離れてしまったからで、ストールは変わらない存在感でそこにありました。今、やっと自分が追いついたのだと思います。


などとかしこまって書きましたが、若い頃のほうが、いいものに手を出していたんですね。よくもまあ、何の畏れもなくこんな高価なものを買っていたものです。

| | コメント (1)

2018.01.14

オペラに夢中

オペラはオペラでもケーキのオペラです。

オペラというとダロワイヨが有名ですが、私はジョエル・ロブションのオペラが好きです。


Dsc_7837

これが、ジョエル・ロブションのオペラ。ダロワイヨよりも縦長スタイルで、たくさんの層で構成されています。

ロブションのオペラを好んでいる理由は、ケーキがしっとりしていることと、チョコレートよりもコーヒーのテイストが強いことです。

香りを引き立てるために自家製の濃縮コーヒーを加え、ブランデーも少量加えているそうです。ビターチョコレート、コーヒーのバタークリームは甘さ控えめ、全体的にいい感じにまとまっています。このケーキは、濃いめのブラックコーヒーとよく合います。


今の寒い季節のうちに、好きなだけ食べたいと思ってしまう大人の危ないケーキ。バレンタインデーのチョコレートの前まで、きっと夢中です。

| | コメント (0)

2018.01.08

見納めのバカラシャンデリア

書く気分のうちに書いておこう(笑)。

恵比寿ガーデンプレスには冬の間、バカラシャンデリアがお目見えします。今日はその最終日。本来なら今日行くところですが、夜は雨になるということで、昨日の夜、出かけて来ました。


Dsc_7799

例年は全体感だけ押さえておしまいにするんですが、今年はじっくりとその作りを確認しました。

一体、どれくらいのパーツを組み合わせて作っているんだろう。とても繊細であることを再認識しました。本当に素晴らしいです。


Dsc_7795

昔は、いろんな色で照らされ、かなり凝っていたのですが、ここ最近はそうした演出はなく、バカラシャンデリアは静かにそこにあるだけでした。それでも、もともとが素晴らしいですからね。ただ見ているだけで全く飽きません。

そういえば、友達がバカラのクリスマスツリーを持っていて、毎年冬になると出すと言っていました。小さなガラスのツリーでしたが、キラキラして、さすがバカラ!と思いましたね。


Dsc_77772

ガーデンプレイスの樹木のイルミネーションを重ねると、なんというかバカラシャンデリアに金の雪が降るようでとても雰囲気がある絵になります。一眼じゃないと撮れないので、ただひたすら玉ボケ作りに頑張ってしまいました。


Dsc_7817

今年は、ジョエル・ロブションの前にスケートリンクができていました。本物のアイスじゃないのでいまいちなんですが、夜はライトアップされてゴージャスです。


しばらく忘れていた、一眼を持っての夜の街歩き。歩いて見ると楽しいですね。またどこか出かけたいと思います。

| | コメント (2)

«北鎌倉、新春の東慶寺と明月院